×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

学習机おすすめ学習デスク

学習机(学習デスク・勉強机)の理想とは?

学習机(学習デスク・勉強机)は小学校から高校まで使用されます。
中学校から高校にかけての成長期には、一年間で5センチほど、中には10センチ近く身長が伸びる子供もいます。
学習机(学習デスク・勉強机)も子供の成長に合わせて、デスクとチェアーのサイズ設定を変更できることが必要になってきます。
そのような機能を備えた学習机(学習デスク・勉強机)であれば、長い期間使用し続けることができます。
日本工業規格(JIS規格)には「学校用家具」というものがあります。
学校で使用する机やイスのサイズを定めた規格です。
その規格では、標準身長を基準として机とイスのサイズを6つの段階に分けています。
具体的な標準身長は105センチ、120センチ、135センチ、150センチ、165センチ、180センチです。
小学校から高校まで、あらゆる身長に対応できるように規格が定められています。
学習机や学習デスクのメーカーによっては、この規格に基づいて学習机のサイズを設定しています。
学習机選びの参考にしてみてはどうでしょうか。


勉強を行う際の理想の姿勢は、かかとが地面についている姿勢、と言われています。
このような姿勢を保てないと集中力が保てず、勉強の効率が落ちくる可能性があります。
また、姿勢が悪いと視力の低下につながる恐れもあります。


デスクの高さは一定で、チェアーの高さを調節して子供の身長に合わせる、という学習机や学習デスク、勉強机もあります。
このような学習机では椅子選びがとても大事なポイントになってきます。
ステップがあり、かかとがつくようなチェアーを選ぶ必要があります。

学習机(学習デスク・勉強机)購入時に注意すること

学習机や学習デスクを購入する際には、サイズ、集中力を保つ色、デザイン、機能性などなど、いろいろなことに注意しなければなりません。


学習机のサイズは、重要なポイントの一つであると思います。
部屋のサイズや間取りをよく考えて、学習机を置く場所を決めてから選んだほうがいいでしょう。せっかく悩みに悩んで学習机を購入したのに、いざとなるとスペースが確保できずに四苦八苦する、という話もよく聞きます。
学習机(学習デスク・勉強机)と同時に本棚を購入することもあります。
チェストやベッドを購入する人もいるでしょう。天井の梁が邪魔して本棚が入らないこともありますので、必ず部屋のサイズを測っておきましょう。

学習机(学習デスク・勉強机)や本棚などをどう配置するのか、レイアウトをあらかじめ練っておき、ある程度のサイズを決めておくといいでしょう。

子供部屋に搬入できるかどうか、という事も大事なポイントです。
狭い階段や狭い廊下、部屋への入り口のドアのサイズなど、家具屋の担当者とよく打ち合わせすることが必要になってきます。
ほとんどの学習机は分解された状態で搬入されてきますので、まず問題にはならないと思いますが。
気に入った学習机が部屋に入らずに返品する、ということが無いようにしたいものです。

デザインを優先するあまり、機能性に欠けている学習机もあります。
実際に学習机をしていくのは子供ですので、子供の立場に立って学習机を選んであげましょう。
機能性に優れていれば勉強の効率も上がってくると思います。